本文へスキップ

大阪でボイストレーニングをお探しならクリアボイスミュージックスクール

踏ん張りが必要かも・・・?

二つの筋肉のバランスが肝!



ブリッジ(地声と裏声が切り替わる所)近辺でガクガクなってしまうのは、筋肉バランスの問題が考えられます。
声帯の閉鎖の力が弱いけど呼気が強い、逆に呼気が弱く、喉で音程を支えようとしてしまう、チェスト発声時の筋肉とヘッド発声時の筋肉のバトンタッチが上手くいかない、といった原因です。

1.声帯の閉鎖について
声帯は2枚の薄い粘膜が合わさり、空気が当たることで振動を繰り返し、音を出してくれています(ものすごいスピードで拍手をしているような感じです)。
声帯の閉鎖が弱いと、高音にいくにつれて呼気は強くなるので、頑張って閉じようとしても呼気に負けてしまい、声がひっくり返ってしまいます。
閉じればいいというものではないのですが、この場合はある程度声帯の閉鎖筋を鍛えてあげる必要があります。

2.腹式について
よく「お腹から声を出して!」という言葉を聞きますが、鵜呑みにすると上手くいかないどころか、かえって変な発声の癖がつくので危険です。
発声、特に高音での発声に大事なのは空気圧です(たくさん吐く、ではなく、少ない空気を強く使う、というイメージです)
息を吐き過ぎると、声帯の閉鎖が弱いと、器官を大量の空気が勢いよく出ていくので、器官の水分が飛ばされ、声が枯れやすくなります。
(実際に「腹式を意識しだしてから声が枯れやすくなった」という話をたくさん聞きます)
息を吐き過ぎないように体にしっかり空気をため、圧力をキープしてしっかりと声帯が閉鎖するように練習しましょう。

3.チェスト・ヘッドについて
チェスト発声の時は、甲状披裂筋(声帯に厚みと張りを持たせる筋肉)が頑張ってくれています。
ヘッド発声の時は、輪状甲状筋(声帯を薄く伸ばして音程を上げる筋肉)が頑張ってくれています。
ブリッジ(チェストとヘッドが切り替わる部分)で声がひっくり返ってしまったり、ガクガクなってしまうのは、この二つの筋肉の引っ張り合いが上手くいっていないからです。
高音部分に入ってもしっかりと甲状披裂筋を使えるように鍛えていく練習が必要です。



ガクガクなってしまう、ひっくり返ってしまう部分を芯のある声が出せるように頑張っていきましょう。
多少筋トレ的な要素もありますので、焦らずじっくりと鍛えていってください。
どうしても上手くいかない場合は、チェストはチェスト、ヘッドはヘッドと、分けて練習してみるのもよいかも知れません。

 ー 効果的な練習方法 ー
・リップロール(リップバブル)…自然な息の流れを作る
・mum…自然な声帯の閉鎖を作る
・nay…より強い閉鎖を作る
・bub…強い破裂音で体の支え、声の厚み意識
・mum…先ほどよりも厚みを意識して

この時の注意点は、体の支え=力み、になってしまわないこと。喉、首周りの筋肉はリラックスさせて、お腹が踏ん張る感覚を意識しましょう。


間もなく練習用動画UP!しばらくお待ちください!

無料体験レッスンでさらに詳しく解説中!お気軽にお越しください!随時ご予約受付中♪

バナースペース

クリアボイスミュージックスクール

〒530-0012
大阪市北区芝田2丁目2-13 日生ビル東館307A

TEL 0120-103-326
FAX 06-6131-8036
MAIL info@cvmusic.jp